遮光ネット 黒

  • HOME
  • 遮光ネット 黒

遮光ネットの選び方

暑い季節には園芸用の日除けや部屋の温度が上がることを防ぎ節電のために遮光ネットを使うことが多くなります。 遮光ネットには様々な種類がありますが、どのような基準によって選んだらいいのでしょうか? そこで遮光ネットの選び方をご紹介しようと思います。 ポイントとなる点は2つあり、遮光率と色です。 遮光率とはどのくらいの光を防ぐことができるかという目安で、だいたい40~80%まで様々な商品があります。 用途によって適した遮光率があります。 70~80%までいくとかなり暗くなります。 これはほとんど日が当たらなくても構わない、植物や動物の飼育の際に使われる日除けにいいでしょう。 50%より下のものは直射日光は避けたほうがいいものの、全く光が当たらないのはまずい場合に適しています。 日陰で育つ植物や、室内の遮光用は50%未満のものがいいでしょう。 次に色です。 多いのは銀、白、黒のものです。 銀は遮光性と反射率が高く、光を防ぐ効果は高いもののやや高額です。 白は遮光性はあまり高くないですが反射率が高いので、室内の遮光などに適しています。 黒は遮光性が最も高く、反射率は低めです。 強い光を遮ると共に、温度は高く保ちたい野菜の栽培などに適していると言えるでしょう。



AG折畳遮光ネット 規格 2mx50m 4,200円+税~



 透光率50% 65% 75% 85%

 暑い日差しから作物を守ります。

  折り畳みなので作業が簡単、ループ編みの為ほつれありません。

 水分を吸わない清潔で耐薬品性に優れ、他の遮光材に比べ、安価で経済的です。

 軽くて強い遮光ネットは作物などを直射日光から守り、温度の上昇や水分の蒸発を防ぎます。

 手軽な作業性と耐久性に優れ、安価な経費で設置する事ができます。

 材質はポリエチレンです。


ご注文はこちらをクリックしますと日本農業システムオンラインショップにリンクします。




遮光ネットの素材

農業や園芸用として使われている遮光ネットは、最近では省エネ対策、熱中症の予防にと一般家庭でも日よけとして使われることが多くなりました。遮光ネットには様々な種類がありますが、遮光率や素材によって使い分けることができます。一般的な遮光ネットと言えば黒色のポリエチレン製です。安価で手に入りやすいのですが、これを使った場合熱は防げるものの光までさえぎってしまうので、作物の成長に影響することもあります。ポリエチレンにアルミ箔をプラスした物は、光の反射率や断熱率は高く耐久性もアップするのですが価格が高めとなります。また、PVAフィルムを使ったものは吸水性と透湿性に優れているので、作物の管理もしやすくなります。ポリエチレンのみを使った遮光ネットでも、メーカー独自の製法でアルミ箔を使ったものよりも反射率が高く熱をほとんど吸収しない製品もあります。これは白色で、使用してもハウス内が暗くならず、しかも温度を下げてくれるのです。このような製品を使えば、作物を直射日光からから守るだけでなく農作業を行う人も熱中症を予防することができるわけです。遮光ネットは長期間使用できるものではないので、一般家庭の場合はあまり高価な物を使うより、安価な物を上手に使った方が良いかもしれません。



遮光ネットラッセル 規格1mX50m 3,500円+税~




遮光率38~95%。
ラッセル織でどこから切っても目づれ、ほつれがなく耐久力があり、水分を吸わない清潔で耐薬品性に優れ、手軽で安価な遮光・遮熱資材です。




ご注文はこちらをクリックしますと
日本農業システムオンラインショップにリンクします。





遮光ネットの種類(設置方法)

農業に従事されている方の場合や、家庭菜園などを広く行っている方の場合では、特に夏の期間に関しては遮光ネットを使用することが必要になるケースがあります。作物には日光と水が基本的には必要になる部分ですが、あまりに日差しが強い場合では、作物の成長に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。そこで役に立つものが遮光ネットになります。遮光ネットにも数々の種類があり、白色のものや黒色のもの、アルミなどのシルバーを基調としたものなど様々なものが用途に合わせて用意されています。遮光ネットを設置する方法としては、例えば小規模な作物の場合では、畑に杭などを設置して、弧を描くように設置する方法があります。このケースでは、基本的には遮光ネットを設置したままの状態で作物を育成することが行われています。その一方で大きな規模を持つハウスなどを設置している場合では、ハウスの支柱や屋根の枠組みなどを利用して、ネットを設置することが行われています。その方法でも大きく分類すると2つに分かれ、1つは内張りという方法でハウス内にカーテン状に設置する方法も存在しています。もう1つには外張りの方法で、ハウスの外側にロープなどで固定する方法などが一般的に用いられています。



園芸用遮光ネット 規格 2mx4m 934円+税



 耐久力があり、水分を吸わないため腐食しません。

 ぬれてもすぐ乾き伸び縮みしません。

 軽量で持ち運びが簡単です。

 他の遮光材に比べ安価で経済的です。




ご注文はこちらをクリックしますと日本農業システムオンラインショップにリンクします。


トップへ