アイテム名が入ります AG遮光ネット
価格:4,200円+税~
当社オリジナルの遮光ネットです。
折り畳み形状で張る作業もしやすいです。
アイテム名が入ります AGチタンホワイト
価格:12,778円+税~
酸化チタン配合フィルムで黒・銀の遮光ネットを使用した時と比較にならない明るさです。
アイテム名が入ります 園芸用遮光ネット
価格:934円+税~
園芸用の遮光ネットです。他の遮光材に比べて安価で経済的です。

アイテム名が入ります ツリークリップ
価格:2,093円+税
遮光ネットをとめるのに
使用します。


アイテム名が入ります 遮熱ネット
価格:26,476円+税~
アルミ蒸着のネットで
遮熱効果抜群です。





遮光ネット(農業用)とは

農業用遮光ネットというのは、暑さ対策に夏の日差しを遮光する効果の高いシートを使用して野菜などの植物を守る役割があります。それ以外にも冬にはビニールハウスの内張りカーテンとして使用することで冬の保温対策にも効果を発揮します。隙間のある織物なので、直接使用しても雨や日差し、風などは自然に通し、ムレも少ないのが特徴で、夜間の保温効果が高く作物の成長を早めてくれます。このネットは吸収性フィルムとポリエチレンでできているものが多く、農業用の遮光ネットを使用して一般住宅の日よけにするという使用方法も最近では注目されています。夏場の節電対策としてこのネットを利用すると、日差しを遮りつつ気持ちよく風は取り込むことができるし、室内からネット越しに外を見ても、視界を遮ることはありません。程よく視線を遮りつつも風を通すため、体感的には涼しく感じることができます。かつては住宅用の日よけはすだれなどが一般的でしたが、農業用遮光ネットを使用した日よけは、風がかなり強く吹いても大丈夫だし、軽くて折りたたむこともでき、取り付ければすぐに効果が期待できます。雨どいの固定金具からぶら下げたり、防犯用の格子に固定したりして使ったりする家庭が多いようです。



遮光ネットの特徴

遮光ネットとは太陽光を反射拡散し植物の高温障害などを防ぐために開発された商品で、農業用ビニールハウスなどに取り付けられていました。園芸用や農作業用として販売されている商品なので価格が安く購入しやすいといった特徴が元々あったために一般層にも人気が広がり、一般家庭用のカーテン形式の遮光ネット商品も今では多数販売されています。取り付けや取り外し、はさみで簡単にカットできるなどの加工の行いやすさから一般家庭であっても利用者が増大しているのです。遮光ネットの特徴として挙げられるのがその遮光率の高さです、遮光率は簡単に言うとネットの編み目の大きさの違いによるものが大きく遮光率が高くなるほどネットの目が詰まっており遮熱効果も上がるといった特徴があります。しかしネットが詰まっており遮光率の高さが増していれば増しているほど日光による明るさや通気性は下がるため、設置する場所などはある程度考えてから取り付けを行なわなければならないことでも知られています。また遮光ネットは非常に軽いため屋外に出していると風に飛ばされてしまう危険性があります、四隅の固定を入念に行なっておくといった対策を取る必要があることも記憶しておくといいでしょう。



遮光ネットの種類(遮光率)

遮光ネットとは、おもに観葉植物などの日焼け防止や、子供の遊び場での日射病対策などを目的として使われています。遮光率も幅広く、種類も豊富です。しかし遮光ネットの折り方によって、遮光率も変化します。 折り方の種類にはラッセル編みやカラミ織、平織があります。それぞれラッセル織約75%、カラミ織約60%、平織約60%を遮光する効果があるといわれています。 ラッセル編みは対候性に優れ、目ずれやカットした場合に切り口のほつれがありません。霜よけや学校などの大型室外機の遮光・遮熱に使われています。 カラミ織は対候性、耐久性に優れています。軽量で収束性が良く、扱いやすいことが利点です。ハウス栽培の外張や、内張カーテン等に使用されています。 平織は耐候性、耐久性に優れています。葉タバコの遮光や街路樹の防寒などに使われています。遮光率が高いことで遮熱効果が高まります。しかしその効果が高まれば高まるほど、通気性や明るさは下がってしまうのです。さらに、明るさも選ぶ色によって変化します。その種類は黒、白、銀などがあります。黒以外は反射タイプと呼ばれ、部屋が暗くなりづらい性質を持っています。  遮光ネットにもさまざまあり、それぞれの長所を生かした使い方をすることが必要です。

トップへ